キャンペーンで最大24,395円分還元中! 

ワイモバイルでauのiPhoneを使う全手順【完全版】

ワイモバイル

 

au ロゴ

 

本記事では、auで販売されたiPhoneをワイモバイルで使う手順を解説します。

 

auのiPhoneもワイモバイルで使えますが、SIMロック解除が必要です。

また、MNPでauからワイモバイルに乗り換えてiPhoneを使う手順も記載しています。

 

▼お得なSIM契約はこちら▼

ワイモバイル SIM契約時のPayPay還元キャンペーン

 

auのiPhoneは使える?

 

使えるiPhoneの機種

 

ワイモバイルで使えるauのiPhoneは、iPhone6S・iPhone6S Plus・iPhone SE以降の機種です。

もちろん最新のiPhone11やiPhone SE (第2世代)も使えます。

 

<使えるauのiPhone>

iPhone機種使用可否
iPhone5・5S・6や
それ以前の機種
×
iPhone6S・SE
以降の機種

 

auで販売されたiPhone5SやiPhone6・iPhone6 PlusはSIMロック解除できないため使えません。

※SIMフリー版は5Sや6・6 Plusも使用可

 

iPhone6SやiPhone SE以降の機種なら、最新のiPhoneまでワイモバイルで使えます。

ただし、SIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除が必要

 

前章のとおり、auで販売されたiPhone6S・SE以降の機種は全てワイモバイルで使えます。

ただし、SIMロック解除が必要です。

 

auで発売されたスマホは、auの回線でしか使えないように「SIMロック」という状態になっています。

au回線以外で使う場合はこのSIMロックを解除しなければなりません。

 

SIMロック解除の手順

 

SIMロック解除は店舗またはWEB(マイページ)で手続きできます

 

店舗で手続きすれば手数料が3,000円かかりますが、マイページだと無料です。

現在auを契約している方は必ずマイページから手続きしましょう。

 

auをすでに解約した方や、中古のau版iPhoneをSIMロック解除する場合は、店舗でしか手続きできません。

 

SIMロック解除の条件や具体的な解除手順は下記ページを参考にしてください。

詳細SIMロック解除の手続き | au

 

▼iPhone用SIMの購入はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

auのiPhoneをワイモバイルで使う

 

auで販売されたiPhoneをワイモバイルで使うためには、以下の手順が必要になります。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. SIMカードを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

auからのMNP乗り換えでiPhoneを使う手順や、ワイモバイル契約者がau版iPhoneに機種変更する手順はのちほど別の章で解説します。

 

iPhone本体を準備

 

まずはiPhone本体を準備しましょう。

 

冒頭で解説したとおり、au版のiPhoneのうちワイモバイルで使えるのはiPhone6S・iPhone SE以降の機種です。

au版のiPhoneをお持ちの方は事前にSIMロック解除しておきましょう。

 

これからiPhoneを購入される方は、SIMロック解除済み端末を選びましょう。

iPhone本体はフリマアプリやオークションなどでも購入できますが、スマホ通販サイトがおすすめです。

 

スマホ通販大手の「イオシス」では、iPhoneの中古や未使用品が格安で購入できます。

少々古い機種でも未使用品があるので、是非チェックしてください。

 

▼iPhoneの格安在庫を探す▼

中古スマホのイオシス 

 

iPhone用SIMカードを購入

 

iPhone本体を準備したら、ワイモバイルでiPhone用のSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

SIMカードの契約・購入はワイモバイルの店頭でも可能ですが、ワイモバイル公式サイトでの購入がお得でおすすめです。

公式サイトで契約した場合のみ、契約事務手数料が無料です。

 

更にお得な契約方法をのちほど解説します

 

まずはワイモバイル公式サイトにアクセスし、手続きを進めます。

 

最初にSIMカードのサイズを選択します。

ワイモバイルで使えるiPhoneのSIMサイズは全てnanoです。

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて契約方法を選びます。

新規契約または他社からの乗り換えを選択してください。

 

iPhone用SIM契約手順

 

auからMNP乗り換えでiPhoneを使う手順は、のちほど「auから乗り換えでiPhoneを使う」の章で解説します。

 

続いて料金プランを選択します。

容量に応じてスマホベーシックプランS・M・Rの3つから選びましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

<ワイモバイルの料金プラン>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※税抜
※データ容量は1年間増量あり

 

最後にオプションを選びます。

現在1年間データ増量キャンペーンを実施していますので、「データ増量オプション」にはチェックを入れたままにしておきましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

最後に料金を確認し、「ご購入手続きへ」をタップします。

 

すると、Yahoo! JAPAN IDとの連携画面が出てきます。

ここで、自身が使っているIDと連携しておきましょう。

ヤフープレミアムやPayPayなど、他のお得なサービスとの連携が便利になります。

 

iPhone用SIM契約手順

 

次の画面で契約者情報や本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類は、あらかじめ写真を撮影しておき、画像データでアップロードしましょう。

詳細本人確認書類一覧

 

iPhone用SIM契約手順

 

ここまでくればあとは画面に従って手続きすれば大丈夫です。

審査を経て、問題なければ数日後にSIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone用SIMの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone本体にワイモバイルのSIMカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhoneをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単ですが、iPhoneXRまでの機種とiPhone11以降の機種で手順が異なります。

詳細はこちらをお読みください。

詳細iPhoneのAPN設定手順

 

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

auから乗り換えでiPhoneを使う

 

現在auを契約している方が、MNPでワイモバイルに乗り換えてそのままiPhoneを使うこともできます。

MNP乗り換えには、主に以下の手順が必要です。

 

  1. iPhoneのSIMロックを解除
  2. MNP予約番号発行
  3. Ymobileで転入手続き
  4. 回線切り替え
  5. 本体にSIMを挿入
  6. APN設定

 

端末のSIMロックを解除

 

冒頭でも解説しましたが、auで購入したiPhoneをワイモバイルで使うには、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除しないとワイモバイルでは使えません。

 

こちらのページを参考にSIMロック解除手続きを行ってください。

 

 

auを解約した後にSIMロック解除しようとすると店舗でしか解除手続きができず、有料(3,000円)になりますので、契約中にマイページで手続きしましょう。

 

MNP予約番号を発行

 

続いて、auでMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号とは、番号そのままでワイモバイルに移行するための、いわば「乗り換え番号」のようなものです。

 

10桁の数字が発行されます。

MNP予約番号は、auの店舗・電話・WEBで発行することができます。

 

<MNP予約番号の発行方法>

予約番号
発行方法
備考
店舗
電話0077-75470
WEBマイページ

 

 

MNP予約番号の有効期限は15日間です。

15日を過ぎると再発行が必要になりますので、予約番号を発行した後はすぐにワイモバイルへの転入手続きをしましょう。

 

MNP乗り換え手続き

 

auでMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにワイモバイルへのMNP乗り換え手続きをしましょう。

 

MNP乗り換え手続きは店舗でも可能ですが、店舗での契約は損です。

現在はどこでももらえる特典にエントリーした後、オンラインストアで契約するのが一番お得です。

(詳細はのちほど解説します)

 

まずワイモバイル公式サイトでSIMのみを選択します。

 

その後、最初の画面でSIMサイズを選択します。

ワイモバイルで使えるiPhoneのSIMサイズは全てnanoです。

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて、契約方法で「のりかえ」を選びます。

 

iPhone用SIM契約手順

 

その下の「現在のご契約」で「ドコモ・au・MVNO」を選びます。

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて料金プランを選択します。

容量に応じてスマホベーシックプランS・M・Rの3つから選びましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

<ワイモバイルの料金プラン>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※税抜
※データ容量は1年間増量あり

 

最後にオプションを選びます。

現在1年間データ増量キャンペーンを実施していますので、「データ増量オプション」にはチェックを入れたままにしておきましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

最後に料金を確認し、「ご購入手続きへ」をタップします。

 

すると、Yahoo! JAPAN IDとの連携画面が出てきます。

ここで、自身が使っているIDと連携しておきましょう。

ヤフープレミアムやPayPayなど、他のお得なサービスとの連携が便利になります。

 

iPhone用SIM契約手順

 

次の画面で、まずは本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類は、あらかじめ写真を撮影しておき、画像データでアップロードしましょう。

詳細本人確認書類一覧

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いてMNP予約番号を入力する画面が出てきます。

そこで、auで発行してもらった10桁のMNP予約番号を入力しましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

あとは契約者情報を入力し、画面の指示に従って手続きを進めていけばOKです。

審査を経て、問題なければ数日後にSIMカードが送られてきます。

 

▼お得なSIM契約はこちら▼

ワイモバイル SIM契約時のPayPay還元キャンペーン

 

 

回線切り替え

 

SIMカードが届いたら、回線切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは、auからワイモバイルに回線を切り替える作業です。

回線切替まではauのデータ通信や通話ができますが、回線切り替えを終えるとauが解約され、ワイモバイルの通話やデータ通信ができるようになります。

 

同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。

 

回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7時です。

回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていたSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。

 

ただし、SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。

 

端末にSIMカードを挿入

 

ワイモバイルからSIMカードが届いて回線切り替えが完了したら、iPhone本体にSIMを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

 

APN設定

 

スマホとワイモバイルのSIMカードが準備を挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単ですが、iPhoneXRまでの機種とiPhone11以降の機種で手順が異なります。

詳細はこちらをお読みください。

詳細iPhoneのAPN設定手順

 

APNプロファイルのダウンロード・インストールが完了すると、いよいよiPhoneがワイモバイルで使えるようになります。

 

▼お得なSIM契約はこちら▼

ワイモバイル SIM契約時のPayPay還元キャンペーン

 

 

iPhoneで使えるキャンペーン

 

ワイモバイルでは常時お得なキャンペーンを実施中です。

ワイモバイルに新規契約する場合、MNP乗り換えの場合は必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

エントリーで3,000円分還元

 

どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページからエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

iPhone用のSIMカードを契約する場合も、こちらのページからエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

 

特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、エントリーが必要です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーで3,000円分お得▼

どこでももらえる特典 

 

 

契約事務手数料が無料

 

 

ワイモバイル公式サイトでは、契約事務手数料無料キャンペーンを実施中です。

 

通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、オンラインストアでの契約のみ無料です。

店舗で手続きすると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。

 

  • 店舗:事務手数料3,000円
  • WEB:事務手数料無料

 

「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼契約はオンラインがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバ学割

 

ワイモバ学割 2020

 

ワイモバイルでは毎年恒例の学割キャンペーンが実施中です。

2020年の学割は、学生とその家族が1,000円×13ヶ月割引になります。

 

学割はプランM・Rが対象で、新規割と併用するとプランMが月額1,980円から使えます。

もちろんSIMのみ契約してiPhoneで使う場合も対象です。

 

<ワイモバ学割適用後の料金>

S
(3GB)
M
(9GB)
R
(14GB)
基本
料金
¥2,680¥3,680¥4,680
新規割
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
学割
適用後
対象外¥1,980¥2,980

※新規割は契約翌月から6ヶ月間のみ
※学割は契約月から13ヶ月間のみ

 

さらに、家族割が適用されると2回線目以降は月額500円の割引となり、スマホベーシックプランMは月額1,480円、スマホベーシックプランRは月額2,480円にまで安くなります。

 

<学割+家族割適用後の料金>

S
(3GB)
M
(9GB)
R
(14GB)
基本
料金
¥2,680¥3,680¥4,680
新規割
(~7ヶ月目)
¥1,980¥2,980¥3,980
学割
適用後
対象外¥1,980¥2,980
家族割
適用後
¥1,480¥1,480¥2,480

※家族割適用は2回線目以降
※新規割は契約翌月から6ヶ月間のみ
※学割は契約月から13ヶ月間のみ

 

学割の実施期間は2019年11月29日(金)~2020年6月1日(月)です。

 

2020年のワイモバ学割の詳細は下記に詳しくまとめています。

 

 

▼ワイモバ学割の詳細を見る▼

ワイモバ学割(公式) 

 

 

その他お得なキャンペーン

 

上記以外にも、ワイモバイルではiPhoneがお得なキャンペーンを実施しています。

月額500円割引になる家族割や、データ増量キャンペーン・おうち割光セットも実施中です。

 

現在実施中の最新キャンペーンは下記記事にまとめています。

契約前に必ずチェックしてください。

 

 

 

auのiPhoneに機種変更する手順

 

ここでは、ワイモバイル契約者がau版のiPhoneに機種変更する手順を解説します。

 

  1. iPhone端末を準備
  2. 元の端末からSIMカードを抜く
  3. iPhoneにSIMを挿入
  4. APN設定

 

簡単に言うと、SIMロック解除されたiPhoneを準備し、現在の端末からSIMカードを抜いてiPhoneに差し替えればOKです。

ただし、いくつか注意点があります。

 

iPhone本体の準備方法

 

冒頭で解説したとおり、au版のiPhoneのうちワイモバイルで使えるのはiPhone6S・iPhone SE以降の機種です。

au版のiPhoneをお持ちの方は事前にSIMロック解除しておきましょう。

 

これからiPhoneを購入される方は、できる限りSIMロック解除済み端末を選びましょう。

iPhone本体はフリマアプリやオークションなどでも購入できますが、スマホ通販サイトがおすすめです。

 

スマホ通販大手の「イオシス」では、iPhoneの中古や未使用品が格安で購入できます。

少々古い機種でも未使用品があるので、是非チェックしてください。

 

▼iPhoneの格安在庫を探す▼

中古スマホのイオシス 

 

 

機種変更時はSIMサイズに注意

 

機種変更時にはいくつか注意点があります。

まずはSIMカードのサイズです。

 

繰り返しになりますが、ワイモバイルで使えるiPhoneのSIMサイズはnanoのみです。

そのため、現在の端末に挿しているSIMカードがmicro・標準SIMの場合、iPhoneでは使用できません

 

ワイモバイルショップでSIMカードのサイズ交換をしてもらいましょう。

その際、交換手数料として3,000円がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

ワイモバイル版iPhoneから他社iPhoneに機種変更する場合

 

ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、au版のiPhoneに機種変更する場合は、SIMカードの変更が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼SIMカードの番号が記載▼

 

そのため、n141はauで販売されたiPhoneに挿しても使えません。

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方がau版のiPhoneに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。

 

ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,000円+税がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。

どうしても知りたい方は「こちらの記事」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。

 

データのバックアップ

 

iPhoneに機種変更する際は、データのバックアップをしておきましょう。

 

なお、Android・iPhoneからiPhoneへデータを移行する手順は下記ページを参考にしてください。

詳細バックアップ・データを移行

 

ただし、他のアプリなどを使ってバックアップしても構いません。

 

 

UQモバイルとどっちがいい?

 

UQモバイル ロゴ

SIMロック解除不要な機種も

 

auのiPhoneはUQモバイルで使うのもおすすめです。

iPhone8・iPhone X以降の機種を使う場合、UQモバイルならSIMロック解除が不要で使えます。

 

SIMロックされたままのiPhoneをお持ちの場合や、SIMロック解除が面倒くさい場合はUQモバイルも検討しましょう。

 

 

通信速度はどちらも速い

 

ワイモバイルとUQモバイルは格安スマホの中では通信速度が非常に速いです。

通信速度にこだわる方はワイモバイルかUQモバイルにしましょう。

 

ワイモバイルとUQモバイルはどちらも十分速いので、速度にそんなに差はありません。

(わずかにワイモバイルが速いかな…くらい)

 

 

UQモバイルとの違い

 

ワイモバイルとUQモバイルの最大の違いはデータ繰り越しです。

ワイモバイルはデータ繰り越しができませんが、UQモバイルなら可能です。

 

また、ワイモバイルは10分かけ放題がついていますが、UQモバイルは自由選択制です。

かけ放題が必要ならワイモバイルが安いですが、かけ放題が不要な方はUQモバイルの方が安くなる場合があります。

 

一方、ワイモバイルはPayPayとの連携がお得だったり、キャリアメールや留守電が無料(UQは有料)な点がメリットですね。

 

その他にも細かい違いいくつかありますので、検討中の方はこちらの記事を事前にチェックしてください。

 

 

UQモバイルの詳細はこちらの記事にまとめています。

 

 

▼公式でUQの詳細を見る▼

UQモバイル公式サイト

 

▼WEB限定キャッシュバック▼

 

 

auのiPhoneをワイモバイルで使おう

 

以上、ワイモバイルでauのiPhoneを使う手順の解説でした。

 

ワイモバイルでもauのiPhoneが使えます。

ただし、SIMロック解除が必要な点には注意してくださいね。

 

ワイモバイルのSIM契約はこちらからどうぞ!

事務手数料無料キャンペーン実施中で、乗り換えなら更にお得です。

 

▼iPhone用SIMを契約する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼お得なSIM契約はこちら▼

ワイモバイル SIM契約時のPayPay還元キャンペーン

 

 

ワイモバ研究所 トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました